風力発電って何?ガスタービン発電とは?

風力発電は風邪の力を利用し風力発電機で発電をします。
風力発電機にはブレードと呼ばれる羽が付いており風が当たると回転し動力伝達軸を通してナセルと呼ばれる装置の中に伝わります。
中では倍速気によってビアの回転数が増加され回転速度を早め、その回転によって発電機で電気変換しているのです。
発電された電気は変圧器で昇圧され送電線若しくは配電線を通って届けられます。
台風や点検時は危険ですのでブレードが回転しないようなセルにはブレーキ装置が備わっています。
風力発電は一定以上の風が吹いていれば昼でも夜でも電力を作ることが出来る発電方法です。
ただ台風のように強風が吹いたり逆に弱すぎたり風が吹かなければ発電することは出来ません。
自然の力を利用する発電方法ですから安定性の面では正直イマイチと言えます。
ただ、火力発電や原子力発電のように燃料を使用するわけではないので二酸化炭素や燃えカスなど温暖化や環境汚染の原因となる物質は排出しません。

ガスタービン発電は灯油や軽油、LNGなど燃料を燃焼し発生した燃焼ガスでタービンを回して発電する方式です。
出力が高いため電力需要のピーク時に使用されています。
ガスタービンは高温の気体の流れによって羽根車を回転させ動力若しくは推進力を生じさせることが出来る熱機関です。
ガスタービン発電のメリットは小型でも高出力が得られることです。
ガスタービンは振動が少ないため1分間に数万回転という高速な作動を可能としています。
その為、大量の空気を吸い込みそれに応じた燃料を燃やすことが出来るため高出力を可能としています。
しかも低出燃料でも発電が可能なため炭化水素のを抑制することが出来るといったメリットもあります。
対してデメリットは熱効率が不利であること、各部が高温高圧となるので耐熱性材料を必要とすること、完全な回転バランスを取らなければいけないなど制作上の問題が挙げられます。
また超高速で回転するため、吸気と排気の騒音問題も懸念されます。分譲太陽光発電とは?