インバータって何??

インバーターとは電気の周波数を変換する装置のことで、太陽光発電システム等から流れてくる直流電力を交流電力に変換する装置です。
家庭で使用する電気は交流となるため、直流で流れてくる電気をそのまま使うということが出来ません。
太陽光パネルで発電された電気は直流となるため家庭内で使用するには交流に返還する必要があります。
太陽光パネルから流れてくる電力は直流で周波数は0ですから、これを電力会社と同じ周波数に変換しなければ使用することが出来ません。
その役目を担っているのがインバーターの1種であるパワーコンディショナーです。
インバーターとパワーコンディショナーの大きな違いは入力される電力の制御方法にあります。
インバーターは負荷に応じて出力を調整しますが、パワーコンディショナーは供給される電力全てを変換します。
またパワーコンディショナーは電圧を安定化させる回路があるので沢山の電力量を得るために変換効率がより高くなっています。
パワーコンディショナーは大きく分けてインバーターと系統連系保護装置及び絶縁変圧器で構成されます。気になる人はコチラから

SNSでもご購読できます。