未分類

太陽光発電の補助金ってどんなもの?

太陽光発電システムを導入する際、県や自治体から補助金がもらえる可能性があります。
補助金とは政府が直接的・間接的に必要あると判断した場合に交付する金銭的給付の事です。
補助金を利用することで太陽光発電システムの設置費用を安く済ませることが出来ます。
補助金は家庭だけでなく企業においても太陽光発電システムを設備する際に補助金を受けることが出来ます。
補助金申請をするには専用の申込書を提出する必要があり、注意点として期限を過ぎると無効となりますので出来るだけ早めに申し込みしましょう。
申し込み受理が決定するとその旨の通知が届き、受理決定後に工事着工となります。
設置工事中は証拠写真を撮って置かなければいけませんので忘れず写真に収めておきましょう。
電気系統の接続まで完了したら補助金交付申請書と工事完了報告書を提出します。
その後、補助金交付決定通知書が送られてきて補助金を受領という手順になります。
補助金の手続きは基本的に工事業者が請け負ってくれますので自分でやる必要はありません。
因みに国からの補助金は打ち切りとなりましたので業者にだまされないよう注意しましょう。気になる人はコチラから

インバータって何??

インバーターとは電気の周波数を変換する装置のことで、太陽光発電システム等から流れてくる直流電力を交流電力に変換する装置です。
家庭で使用する電気は交流となるため、直流で流れてくる電気をそのまま使うということが出来ません。
太陽光パネルで発電された電気は直流となるため家庭内で使用するには交流に返還する必要があります。
太陽光パネルから流れてくる電力は直流で周波数は0ですから、これを電力会社と同じ周波数に変換しなければ使用することが出来ません。
その役目を担っているのがインバーターの1種であるパワーコンディショナーです。
インバーターとパワーコンディショナーの大きな違いは入力される電力の制御方法にあります。
インバーターは負荷に応じて出力を調整しますが、パワーコンディショナーは供給される電力全てを変換します。
またパワーコンディショナーは電圧を安定化させる回路があるので沢山の電力量を得るために変換効率がより高くなっています。
パワーコンディショナーは大きく分けてインバーターと系統連系保護装置及び絶縁変圧器で構成されます。気になる人はコチラから

継電器やバインド線って何?

継電器はリレーともいい、コイルと接点機構で構成されており、電気をつなぐと言う役割からリレーと名付けられ日本語で継電器としています。
コイルにある値以上の電流を流すと磁気が発生し磁石と引き合い、回路の接点機構が接触すると電気が流れます。
継電器は電気信号を受け取りスイッチをオン・オフすることで次の危機へ信号を伝えています。
テレビのリモコンを例にあげますと、リモコンをスイッチを押せばテレビの中にある継電器に電気信号が伝達され主電源が入りテレビを観ることが出来ます。
つまりリモコンからの電気信号を受けテレビに電気エネルギーを供給するという仕組みです。
継電器の役割は小さな電流で大きな電流のオンオフを制御することにあります。
モーターやランプなど消費電流の大きいものを作動させる時、大きな突入電流が流れると発熱や焼損する恐れがあります。
継電器はこれを防ぐだけでなく、人への感電も防止する役目もあるのです。
また継電器をバッテリーと電装品の間に設置することで少ない抵抗で電力ロスを最小限にすることが可能となり、小電流の細いコードで電装品を操作することが出来ます。

バインド線とは主に電線を碍子に括りつけるとき等に使用するもので、塩化ビニルで被覆した細鉄線です。
バインド線にも幾つか種類があり、鉄バインド線や軽量でやわらかい銅で被覆した銅バインド線、アルミを被覆したアルミバインド線などがあります。
ステンレスバインド線はアンテナ視線として利用されており、V共聴用アンテナやマストを固定します。
耐候性や引張強度が高いので、電線やケーブルの支持固定、電線管への電線引入れ時の呼び線等に使用されることが多いです。
一般的に使用される鉄バインド線は0.9mmで20kgf、1.2mmで35kgf、1.6mmで60kgf、2.0mmで95kg程度の引張荷重に耐える事ができ、径が太いほど破断強度が高いです。
電気工事士の試験ではバインド線の正しい使用方法も審査の対象となります。
スポットライトなど釣り照明を固定するのにバインド線が使用されることもありますが危険ですので絶対にやらないこと。
取り付けと取り外しを繰り返していくうちに金属疲労によって破断してしまい照明器具の落下事故につながるからです。http://42円物件.jp/

風力発電って何?ガスタービン発電とは?

風力発電は風邪の力を利用し風力発電機で発電をします。
風力発電機にはブレードと呼ばれる羽が付いており風が当たると回転し動力伝達軸を通してナセルと呼ばれる装置の中に伝わります。
中では倍速気によってビアの回転数が増加され回転速度を早め、その回転によって発電機で電気変換しているのです。
発電された電気は変圧器で昇圧され送電線若しくは配電線を通って届けられます。
台風や点検時は危険ですのでブレードが回転しないようなセルにはブレーキ装置が備わっています。
風力発電は一定以上の風が吹いていれば昼でも夜でも電力を作ることが出来る発電方法です。
ただ台風のように強風が吹いたり逆に弱すぎたり風が吹かなければ発電することは出来ません。
自然の力を利用する発電方法ですから安定性の面では正直イマイチと言えます。
ただ、火力発電や原子力発電のように燃料を使用するわけではないので二酸化炭素や燃えカスなど温暖化や環境汚染の原因となる物質は排出しません。

ガスタービン発電は灯油や軽油、LNGなど燃料を燃焼し発生した燃焼ガスでタービンを回して発電する方式です。
出力が高いため電力需要のピーク時に使用されています。
ガスタービンは高温の気体の流れによって羽根車を回転させ動力若しくは推進力を生じさせることが出来る熱機関です。
ガスタービン発電のメリットは小型でも高出力が得られることです。
ガスタービンは振動が少ないため1分間に数万回転という高速な作動を可能としています。
その為、大量の空気を吸い込みそれに応じた燃料を燃やすことが出来るため高出力を可能としています。
しかも低出燃料でも発電が可能なため炭化水素のを抑制することが出来るといったメリットもあります。
対してデメリットは熱効率が不利であること、各部が高温高圧となるので耐熱性材料を必要とすること、完全な回転バランスを取らなければいけないなど制作上の問題が挙げられます。
また超高速で回転するため、吸気と排気の騒音問題も懸念されます。分譲太陽光発電とは?